妊娠・出産

体外受精のお金はどこから!?恐怖心の煽りに注意

更新日:

おはこんばんちは。アラフォーの一人目妊活&不妊治療漫画ブログを描いている、海原こうめです!

さて、不妊治療はお金がかかると言いますが、皆さんはどうやって資金を捻出していますか?

今回は第12回「体外受精(顕微授精)のお金はどこから!?恐怖心の煽りに注意」になります。

私はココから!

ちなみに我が家は・・・結婚してからもそのまま正社員を続けていたので、私の収入分はなるべく貯金するようにしていました。

特に用途を決めて貯めていたわけではありませんでしたが、「そのうち家を建てたいから、足しにできればいいな~」ぐらいの気持ちでした。

でもその後3年ほどで夫の転勤が決まり、私はその機会に会社を辞めて転勤先で本格的に不妊治療に取り組むことになって。

で、家を買うのに使うつもりだったお金を、そのまま不妊治療費に充てました。

でもその分の貯金がなかったら、おそらく高度不妊治療まではできなかったと思います。

ヘタレケチな私に、その度胸はきっと持てなかっただろうなと。

怖い不妊治療費ローン

不妊治療費の資金を金融機関のローンで賄う・・・という方法もあるようですが、いやー・・・これは避けたいですよね。

すぐに授かればまだいいけれど、もし治療が長引いた場合・・・頑張ったけど授からなかった場合・・・。

車や住宅ローンとは違って買ったモノに対しての支払いではないので、何も残らずただローンだけを支払い続けるという事態だってありえるわけです。

とある銀行の不妊治療ローンを勧めているページを見ていたら”「金銭的理由で子供を諦めたくない!そんなあなたへ」「卵子の老化」「不妊治療は時間との戦い」だから、妊娠の時期を逃さないためにも早めに不妊治療ローンを活用しよう”というようなことが書いてありました。

日々卵子は老化するだろうし、不妊治療は時間との戦いであることは間違いではないでしょうが、何というか・・・。

「卵子の老化」を都合よく使い、恐怖心を煽ることでビジネスしようとしているように見えました。

よくある商法なのでしょうが、でもでも!人の弱みに付け込むような商売は感心できません。

妊娠してもしなくても・・・生活は続いていくから

が、私みたいに結婚してものんびりしちゃって後で苦労するってパターンもあり・・・(´;ω;`)

失ったお金は働いて取り戻せるけど、時間だけは取り戻せないってのもまた真実。

高度不妊治療に進む前に、どこまでやるか、いつまでやるかを冷静なうちに決めておくのがいいと思います。

そして無計画なローンはダメ!ゼッタイ!!

妊娠は当然ゴールではなく夫婦と子供の生活がスタートするし、妊娠できなくとも夫婦の生活は続いていくわけで。

わかっていても治療真っ只中にいると、熱くなっていろいろ見失うこと多々ありますが「こんなはずじゃなかった」事態を招かないよう気をつけねばと思います。



妊活ブロガー海原こうめさんに聞いてみたいことはありませんか?
ブログのネタばれ以外でお願いします!



ご質問はお気軽に!こちらからどうぞ↓↓↓

【筆者情報】
海原こうめ


ライブドアブログで「妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記」を更新中。自身の不妊治療体験や夫婦の日常アレコレを漫画にしています。

記事下レスポンシブ-1-




記事下レスポンシブ-1-




-妊娠・出産
-, , , , , , ,

Copyright© ひまわりウーマン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.