恋愛・結婚

『結婚なんてしたくない!』多くの人々がそう思ってしまうのはナゼ?

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”momoaji.png” name=””] こんにちは。ハンドクリーム桃味です。 [/speech_bubble]

『結婚?なんでそんな面倒なことをしなくちゃならないの?』
男でも女でも、性別関係なくそう思っている人はこの世の中にとても多いと思います。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”momoaji.png” name=”桃味”]今回は、『なぜ多くの人々がそう思うようになってしまったのか』を考えていきましょう [/speech_bubble]

『結婚=面倒』という図式はどこから来たのか?

皆さんは、世の中の情報が婚に対してのマイナス情報ばかり溢れていることにお気づきでしょうか?
有名人の結婚話よりも、離婚話や浮気話のほうが断然大きな扱いになります。

結婚の話ですら、お祝いムードではなく『どのくらい持つか』などが話題になり、『できちゃった結婚』であれば鬼の首を取ったような大騒ぎで

『やっぱりね』『それ見たことか!』などと嬉々としてコメントする一般人も出てくる始末。
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”uman.png” name=”ウマーン”]みんなそういう話好きだよね[/speech_bubble]

妙齢ターゲットの雑誌でも、結婚に対してのトラブル(嫁姑・小姑問題やら介護、お金の問題、同居問題など)を読者から募集した形式で
『本当にあった怖い結婚話』風にして掲載したりしていますよね。

いかに苦労したか、いかに大変だったか、そういった『他人の苦労話・不幸話』をギュギュッと集めてまとめて売り物にしているのです。

『人の不幸は蜜の味』なんて言葉がありますが、この世の中、幸せ話よりも不幸話のほうが売れるんですよね。

食いつきが良いのです。

人間っていうのは比べる生き物ですから、他人がどんなに悲惨なのかを垣間見たいんですよね。

そして、売れるほうをどんどん売った結果、
『結婚=面倒』
という図式が出来上がったのです。

つまり、あなたの結婚に対するマイナスイメージは、この世の中の情報操作の一種なのです。
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”uman.png” name=”ウマーン”]情報操作!! [/speech_bubble]

こんなところからも情報操作!?

身近な人たちの結婚生活はあなたに強く、そして深く影響を与えました。
まず自分の両親を思い浮かべてみて下さい。

[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”L1″ icon=”momoaji.png” name=”桃味”]彼らは今も幸せそうですか? [/speech_bubble]

いつも夫婦喧嘩、愛が覚めている、お互いを尊敬しあっていない、なぜ結婚を継続しているのか理解できない、既に離婚している、そういった

『幸せな結婚生活ではなさそう』

という両親を持っている人は、幼い頃から結婚に対してのマイナスイメージを持っています。

それ以外にも、兄弟、友人などの身近な人が同じ状況であったりすると、やはり無意識に結婚を嫌悪している可能性があります。

他にも原因が!? とくに男性に多いのがこのタイプ!

これまでは男女関係なく共通する可能性を考えてきましたが、ここで男性に多い『結婚したくない理由』を考えてみましょう。

男性は、自由を奪われるのをとても嫌います。若ければ若い程、自由でいたいものです。

『結婚は墓場』などと言いますが、結婚したら彼らは『おしまい』だと思っているのですね。
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”uman.png” name=”ウマーン”]夢がないなぁ。そんな結婚ばっかりじゃないはずだよ・・・多分ね[/speech_bubble]

自分の自由、趣味、活動、娯楽、すべてにおいて制限または禁止されると思っているのです。

これも世の中の情報操作の一種だと思われます。

趣味が深ければ深いほど、男は結婚したがらない!

たいていの人は趣味を持っていると思います。

その趣味に時間と金銭を費やせれば費やせるほど、彼らの生活の満足度は上がるのです。

満足度が高いということは、その状況に満足している状況なので、それを邪魔する存在になる『結婚』なんて考えられるはずがありません。
[speech_bubble type=”ln-flat” subtype=”R1″ icon=”uman.png” name=”ウマーン”]結婚が邪魔者扱い・・・[/speech_bubble]

最近はコアな趣味でも、SNSなどを使って世界中の『同志』と繋がることができます。

同志=共感者=運命共同体ですから、自分の趣味を受け入れてくれる人が周囲にいなくても全然平気なのです。

『自分は独りじゃないんだ!』という安心感も手伝って、趣味へののめり込みは加速していきます。

結局、『結婚なんてしたくない!』って気持ちを払拭するにはどうしたらいいの?

まず、結婚のプラス情報をどんどん吸収して下さい。

数少ないですが、結婚のプラス情報を扱った雑誌や書籍・サイトなども存在します。

こういった『見ず知らずの夫婦のちょっとイイ話』的なものは、『その後の彼ら』を知ることがありませんので『イイ話』『めでたしめでたし』の状態で終われますのでオススメです。

気持ちが変われば行動も変わる。未来のあなたをちょっとだけ変えてみませんか?

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。
桃味ブログ→悩ましい!迷えるラム子さんの悩み相談室