妊娠・出産

不妊なんて私には無関係?!他人事だった不妊治療

更新日:


はじめましておはこんばんちは。
アラフォーの一人目妊活&不妊治療漫画ブログを描いている、海原こうめと申します。



「避妊を辞めたら妊娠するでしょ」「その気になればすぐ妊娠するでしょ」
・・・よく聞く話です。

私もずっとそう思っていました。だから交際期間が短い夫と始まった結婚生活を、まずは二人で存分に楽しみたいと。子供はもうちょっと先でいいかな・・・と。

そんな結婚当時すでに33歳。
今振り返ると「もちょっと焦れよ!」とならなくもない。

でも・・・それは今がある結果論であって、当時の私はそこまでの考えに至らなかったんですね。

だってこんなに妊娠するのに苦労すると思ってなかったですし、夫と結婚して「やっと安住の地を見つけた!!」という気持ちでいっぱいだったんです。

自業自得で苦労した20代

大学を卒業するころ、超就職氷河期でした。

それでも周りは何とか就職を決めてゆく中、「私はやりたいことしか仕事にしたくない!」とやりたいこともよくわかってないくせに謎のこだわりで見事に売れ残り。

当時一人暮らしで卒業と同時に親からの仕送りも当然なくなり、フリーターで生計を立てる日々。

新卒の看板を失い、ようやく決まった就職先のお給料は手取り12万円。一人暮らしでは貯金も生活も厳しい生活でした。

自分のことで精いっぱい

20代後半~30代前半になってようやくお給料も生活の方も少し落ち着いてきます。(プライベートではあれやこれやありましたがそれはまた別の話で)

その頃出会った夫と交際半年で結婚し、「やっと自分の居場所が見つかった」と思いました。

そしてそのことを実感していたくて二人で楽しむことに重点を置きました。

その結果妊活はどんどん後回しに・・・。

まだ本気出してないだけ・・・?

焦らなかった原因はやっぱり「その気になればすぐ妊娠するでしょ」という考え。

明確な根拠はないけれど生理も毎月順調で周期も一定、腰はどっしり安産型、これまで婦人科系での不調を感じたことがなかったというのも大きかったと思います。

特に夫にも原因があるとも思わなかったし、「じゃあ本腰いれて頑張ろう!」となればすぐに妊娠すると思って疑いもしませんでした。

だからアラフォーになってまで不妊治療を続けることになるなんて・・・!

今でも信じられません(さすがにもう信じろ)

本当に自分が不妊だなんて1ミリも思ってなかったし、ましてや不妊治療というものがあることすら知らなかったんです。

まったくの未知の世界であり他人事でした。

自分と向き合う・・・現実を突きつけられながら

のんびり構えていた日々を全く後悔していないとは言えないけれど、「ま、起こったもんはしゃーないな」と。(そう思うしかない)

今までに見たことのない自分や知らなかった自分と現実を突きつけられながら、妊活の日々は続いていきます。

【筆者情報】
海原こうめ


ライブドアブログで「妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記」を更新中。自身の不妊治療体験や夫婦の日常アレコレを漫画にしています。

記事下レスポンシブ-1-




記事下レスポンシブ-1-




-妊娠・出産
-, , , , , , , ,

Copyright© ひまわりウーマン , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.