ライフスタイル

自分を『ぽっちゃり』と表現する女性の『どすこい』感

更新日:

秋になって食べ物が美味しく感じられ、食欲が増す方、多いと思います。

寒くなってきて身体の露出度も減り、体重増加に対しての『油断』が出始める時期でもあります。

最近テレビでぽっちゃり系の女の子を集めたアイドルグループなるものを目にしました。

しかし、そこにはお世辞にも『ぽっちゃり系』とは呼べないような『どすこい系』の女の子がチラホラ・・・。

SNSでも『自称ぽっちゃり』は多くみられます。

自称ぽっちゃりさんの言いたい放題!

『ややぽちゃ』とか『ぽちゃ』など、ちょっと可愛らしく言ったりしていますが、残念ながら『やや』も『ぽちゃ』も似合わないような巨デブさんだったりすることも多いです。

では、『ぽっちゃり』って、どこからどこまでをいうんでしょうか?

厚生労働省とかWHOが『ぽっちゃり』の規格範囲を決めてくれればいいのですが、そんなわけにもいかず。

BMI値で判断もできそうですが、それぞれの感覚、好みや需要がありますので、一概に『ぽっちゃりはここまで!』とも言い切れません。

現在の『ぽっちゃり』というのは本人の『自称』に一任されています。

そう、誰でも!言いたい放題!やりたい放題!の現状なのです。

ガリ→痩せ→中肉中背→ぽっちゃり→デブ

この図式では、ガリ・痩せタイプがピンキリなのと同じで、ぽっちゃり・デブタイプもピンキリなのですが、自分を『ぽっちゃり』と表現する人は

『デブ=世界記録的なデブ』

だと考えている方が多いと思います。つまり、

『トップオブデブに勝てない私はデブではない。あんなに太っていないから私はデブではない!ぽっちゃりなんだ!』

という考え方。

周りからすればものすごく偏った考え方だと思うのですが、本人は何の迷いもなくそう考えています。

そのくせして痩せている知り合いや友人に対して、好き勝手に太っただの食べ過ぎだのの指摘をしたり、美容の説法をしたりします。

やはり人間。自分に甘々でも、他人には厳しかったりするのです。

”ぽっちゃり”でごまかすよりもデブを認める

ちなみに、『ぽっちゃり』にしがみつくよりも、『デブ』を認めてしまったほうがダイエットが捗る場合もあります。

試しに、自分のことを『デブ』だと言っている方たちに注目してみて下さい。意外と『そうでもない』方、痩せてるくせに『デブ』と言っている方など、様々です。

そうそう、痩せてる人の『私デブだから』発言はあっても『私ぽっちゃりだから』発言は聞いたことがありませんね。

自分を『ぽっちゃり』と表現するのは、ほとんどがぽっちゃりではなく、『デブ』という言葉に抵抗のある、『ぽっちゃり』に執着した人たち、もしくは『ぽっちゃり』の領域を間違えて認識している人たちなんだと思います。

日本人は中間が好きです。
デブと痩せの中間は『中肉中背』、そして、中肉中背とデブの中間を『ぽっちゃり』という言葉でまとめてしまっているのが問題なのだと思います。

『デブ』の領域には入りたくない!というプライドで『ぽっちゃり』と称している人、そのプライドがあれば痩せる努力も他愛無いと思うのですが、どうなのでしょうか。

『言うだけタダ』という感覚での『ぽっちゃり』なら使わない方が良いと感じてしまいます。

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。過去のダメ男達との出会いや付き合いで培った『教訓』を生かし、30歳という節目に今までには出会えなかった『ダメ男ではない、一般男性』と運命的な出会いを果たし、崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。お悩み相談募集中です→悩ましい!悩めるラム子さん!悩みは悩むから悩み。悩まなければ悩みにならない。

記事下レスポンシブ-1-




記事下レスポンシブ-1-




-ライフスタイル
-, , , , , , , ,

Copyright© ひまわりウーマン , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.