ライフスタイル

老化・サビが気になったら『呼吸』でどうにかしてしまおう!

投稿日:

人は生きるために『呼吸』をします。体に酸素などを取り込む為の重要な自発行為です。

その命を繋ぐための呼吸ですが、最近浅い呼吸の方が多くなっているそうです。

猫背の方は間違いなく浅い呼吸。普段運動をしない方も同じです。
どちらも肺全体を使った呼吸ができないのです。

体の『酸素不足』というのはとても深刻な問題を引き起こします。

浅い呼吸の何が悪いのか、体や心にどんな影響を及ぼすのかをちょっと挙げてみると

・新陳代謝・体温・免疫力の低下による肥満や、病気の誘発
・シワ・たるみ
・慢性疲労
・冷え性
・不安が多くなる
・集中力低下
・イライラする
・日中眠い、だるい
・不眠

心身ともに影響を及ぼす『老化現象やサビなど』に関わる項目がどんどん出てきます。

それだけ人間にとって酸素というものは大切なものなのです。

『酸素が足りない?それなら酸素バーに行けばいいじゃない!』
『酸素カプセルに入ればいいんじゃない?』
『水素水を飲めば解決するよね?』

そう思っている方もいるかもしれませんが、今回はこれらを『呼吸』でどうにかしてしまいましょう!

ウエストの引き締めにも効果的!深い呼吸をしよう

お金がかからず、いつでも・どこでも気軽にできる『呼吸』

そして、横隔膜という名の筋肉をよく動かす(=鍛える)腹式呼吸では、代謝も上がるし歌も上手くなるかもしれない。

なにより、深い呼吸は腹部のドローインができますので、ウエストの引き締めにも効果的です。

では、その深い呼吸とやらはどのようにやるものなのか?

※ここからは『吸うのは鼻から』、『吐くのは口でも鼻でもOK』でお願いします。

よく、深呼吸するのに『はい吸って~、吐いて~』と言いますが、じつは呼吸というのは吐くほう(呼気)が重要なのです。

試しに、吸って吐いての順番で深呼吸をしてみて下さい。十分に空気は吸い込めましたか?

では逆に、吐いて吸っての順番の深呼吸をしてみて下さい。

どうですか?どちらがより深い深呼吸になりましたか?

吐いて吸っての順番のほうがより深い呼吸になったはずです。

先に吸ってしまう呼吸だと、ほとんどの空気が肺の上部に入ります。(胸式呼吸)

しかし、肺中部や下部にはある程度の空気が既に入っていますので、なかなか新しい空気が入りません。

反対に、先に吐く呼吸だと、お腹が動いて肺下部の空気も抜けていきますので、肺上部だけでなく肺全体に空気が入ります。(腹式呼吸)

肺全体に空気が行き渡るということは、体全体の細胞ひとつひとつにまで酸素が運ばれるということです。

丹田を凹ませてより深い呼吸を

ここで、もうひとつやってみて下さい。
これは深呼吸ではありません。

肩の力を抜いて、体内にある息を、あるだけ全部吐いてみて下さい。少しずつでもいいですが、なるべく長く。
はい、そして鼻からゆっくり吸って下さい。吸う時は肩を上下させてはいけません。

どうですか?さっきの深呼吸よりも深く呼吸ができていませんか?

この時、お腹が動いたと思います。吐いた時はお臍の下10センチ程度のところが内側に凹んでいったのではないでしょうか?

だいたいですが、この凹んだあたりが『丹田(たんでん)』というツボになります。
ツボといっても場所が定まっているわけではなく、『人それぞれ、このへん』という『範囲のツボ』です。

この丹田、ヨガの呼吸法を知っている方はよく聞く言葉かもしれませんが、ヨガだけでなく、腹式呼吸をする上ではとても重要な場所になってきます。

この丹田を凹ますというか、この丹田で体を前に折り畳むようにするほうが、より深い呼気が出せると思います。

ヨガのように何秒吐いて何秒吸う、という感じだと、秒数が気になって呼吸に集中できない方も多いと思います。

そんな場合は、体の意のままに、吐けるだけ吐いて、ゆっくり吸う。なにも意識せず、ただ呼吸に集中できるやり方です。
この呼吸法を毎日やると、横隔膜も鍛えられますし、あまり使っていなかった肺全体が活性化されます。

特に効果的なのは、目覚めた時と寝る前。どちらも布団の中で起き上がる前にどうぞ。

その他、デスクワークの後、気分転換したい時、集中したい時などにも行ってみて下さい。

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。過去のダメ男達との出会いや付き合いで培った『教訓』を生かし、30歳という節目に今までには出会えなかった『ダメ男ではない、一般男性』と運命的な出会いを果たし、崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。お悩み相談募集中です→悩ましい!悩めるラム子さん!悩みは悩むから悩み。悩まなければ悩みにならない。

記事下レスポンシブ-1-




記事下レスポンシブ-1-




-ライフスタイル
-, , , , , , , , , ,

Copyright© ひまわりウーマン , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.