妊娠・出産

不妊治療のカミングアウト、する?しない?(親しい人編)

更新日:

おはこんばんちは。アラフォーの一人目妊活&不妊治療漫画ブログを描いている、海原こうめです!

ああ年末が見えてきました。そしてクリスマスが過ぎたらあっっっという間に年末年始ですね。
年末年始は実家等に帰省するよ~・・・なんてご夫婦も多いことかと思います。

我が家は結婚8年目。年齢的なこともあるし最近はもう「子供はどう?」なんてすっっっかり誰からも言われなくなりました。

それが過ぎ去った年月を感じさせてさみしくもあり、ほっとすることもあり。
なんとも言えない気持ちになります。

さて皆さんは不妊治療や妊活のことを、周囲にカミングアウトしていますか?

私がまだ働いていた頃の、職場へのカミングアウト話は第4回「”アットホームな会社”で働きながら不妊治療もつらいよ」で触れていますので、ここでは身近な友人や両親、義両親などへのカミングアウトについて書いて行きたいと思います。

そんなわけで今回は第9回「不妊治療のカミングアウト・・・する?しない?」になります。

さらっと実母へカミングアウト

私の場合、まず実母には①現在不妊治療をしていること②それでもなかなか授からないことを話しました。

ネガティブな雰囲気を出さず、あくまでも話の流れの中に含ませてさらっと(のつもり)

「不妊治療をしている」と言っても、具体的にどんなことをしているのかをおそらく実母は知らないと思います。

なので特に治療に対して賛成も反対もないようでしたが、この時言われたすごく刺さった言葉が

「子供が欲しくて病院に通っているなんてかわいそう」

この歳になって親にかわいそうがられるとは・・・!!(衝撃)

いくつになっても親に対しては見栄とかプライドを守りたいとか考えてしまうようです。
なるべく”出来の良い子”に見られたいようです。・・・そんな自分にもちょっとショック!!

でもその後、「夫婦で仲良くて健康で子供を願えるのは幸せなことだからね」「授からなかったからそれはそれ、ほかに楽しいことがいっぱいあるんだから」と言われ、「落として上げる系ッ?!」と複雑な気持ちになりつつも、涙が出そうになりました。

また、友人にはそこそこの頻度で直接会って話せるような関係ならば、不妊治療のことを話しています。
色んな反応があります。同情されたり、それで傷つくこともありますが(※元祖・隣の芝生は青く見えるキラキラ写真。リア充的年賀状に思うこと参照☆)母や友人にカミングアウトしたのは後悔していません。

「なんとな~く察して、お互いあえて触れない」というのも、それほど関わりのない間柄ならアリなのでしょうが、家族、友人とある程度関係が深い場合なら、話してしまった方がいいかなぁと考えています。

タブーな話題を減らす・・・ぶっちゃけることでスッキリする

「子供は?」の言葉には、状況がよくわからないし心配だから、気にかけているからこそ、というものから単にちょっとした興味や野次馬的意味合いのものまでいろいろあるかと思います。

そこで「不妊治療をしているんだ~」と明るく話してみると、まずそれを口にできたことで自分がちょっとすっきりしました。

触れてほしくないタブーな話題や後ろ暗い気持ちがあると、普通に話していてもどこか緊張してしまうことがありませんか。

「子供のことに触れられたらどうしよう、うまく流せるかな」
「顔がひきつってないかな、気づかれなかったかな」
とか。
そういう変なぎくしゃく感から、ちょっと開放された気持ちになりました。
こちらの情報を少し出すことで、余計な詮索を避けられる場合もありますし。

この年末年始の帰省で、実は義両親にもカミングアウトの予定です・・・さてちゃんと話せるかどうか。

義両親は本当に人柄がよくて、「子供は?」なんて聞かれたことなど一度もありません。
不妊治療を始める前は、私の方から「子供ができたら~」なんて話を振っていたくらいです。

今はそれが一切ないのだから、うすうす我が家の不妊事情には気づいているかもしれませんな・・・。

打ち明けるタイミングときっかけは夫にお任せしていますが・・・ドキドキです!

【筆者情報】
海原こうめ


ライブドアブログで「妊活は忍活?!アラフォー不妊治療体験記」を更新中。自身の不妊治療体験や夫婦の日常アレコレを漫画にしています。

記事下レスポンシブ-1-




記事下レスポンシブ-1-




-妊娠・出産
-, , , , , ,

Copyright© ひまわりウーマン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.