私、子育てに向いてない!そう思うお母さんは正常です。

妊娠・出産

世の中のお母さんたちに、自分が子育てに向いているか向いていないか、アンケートを取ったらきっとほとんどが『向いてない』に○を付ける気がします。

逆に『向いている』と答えるお母さんのほうが怖いです。その自信がどこから来るものなのか教えて欲しいです。

お母さんなら、どんなに欲して生まれた我が子だとしても、皆、一度は子育てに挫折しそうになった経験があるのではないでしょうか。

よく、『産んだ責任』なんて言いますが、その『責任感』を非常に持っている方のほうが子育てに限界を感じたり、子育てに向いてないと感じたりすると思います。

”子育てに向いていない”と思いがちな人

昔から、何事にも一生懸命真面目に取り組むクセがついている人。
何をやっても全力で、ズルするのが悪い事・ラクをするのも悪い事だという正義感を持っている人。
なんでもきっちりきっちり、計画立てて時間通りに進めてきた人。

そういう方は子育て中によく発生する、中止・中座・計画変更・進行妨害に慣れていないのです。慣れていないと『向いてない』と思うのは当たり前です。

そして、慣れていないことというのはとても疲れます。そんなことがしょっちゅう起こるのですから、『子育ては楽しい』なんて手放しで言えなかったりします。

子供パワーに圧倒される。ストレスだって溜まる。それは当然のことだから

子供というのは自分が生み出した『体の一部』のようなものですよね。お母さんが嫌いな子供はいません。すごくべったりです。

その『体の一部』が思うように動かない(言う事を聞かない)のです。焦りからイライラしたり、そのみなぎる子供パワーに圧倒されてしまうのも仕方がないことかもしれません。

もしも自分に不完全な第三の腕が胸の真ん中に生えてきたら、と想像してみて下さい。

少しずつ成長はしているようだけども、なかなか両腕のように使いこなせない。
時々その腕が自分の意思を無視した行動をとる。何かをしようとすると何故かジャマをする。

それはもう、ストレスが溜まらないわけはありません。

年中無休、24時間営業、無報酬。これが仕事ならブラック企業大賞モノです。

仕事をバリバリこなしてきた方なら、休みも報酬も無いというところでやはり心が折れそうになったりすると思います。
今まで一人の時間を大切にし、楽しんできた方にとっても、心も体も休まる日がありません。

たまには鏡に映った自分の顔を確かめてみて

子供はとっても不安定で不完全。そして感受がとても過敏・敏感です。

小さい子供はお母さんがちょっと離れるだけで『この世の終わり』が来たように泣き叫び、涙と鼻水で顔をグシャグシャににてしまいます。そこまで泣かれてしまうと、カワイイとかゴメンネとか思えない日、滅入ってしまう日が時々訪れます。

子供はなぜかお母さんが『滅入っている日』『疲れてしまっている日』のほうがしつこかったり言うことを聞かなかったりします。

なんとなくお母さんの雰囲気や顔色がいつもと違うことを敏感に感じ取っているのでしょうか?

もしも子供がいつもと違う、機嫌が悪いと感じたら、病気や疲れの可能性もありますが、そうでなければご自分が心も体も元気かどうかを改めて確認してみて下さい。

鏡に映った顔はどうですか?疲れていませんか?口角が下がってへの字口になっていませんか?

そんな時は笑いたくなくてもいいので、口角だけ思いっきり強制的に上に引き上げてみて下さい。口角が上がったことによって脳が楽しいと勘違いし、滅入った気持ちも晴れてくるはずです。少しでも気持ちを向上させるのに効果的です。

なにより、頬のたるみの改善にもつながりますので、ぜひやってみて下さい。

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。過去のダメ男達との出会いや付き合いで培った『教訓』を生かし、30歳という節目に今までには出会えなかった『ダメ男ではない、一般男性』と運命的な出会いを果たし、崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。お悩み相談募集中です→悩ましい!迷えるラム子さんの悩み相談室