好きになった人は既婚者だった・・・。ハマらないうちに脱出したい!あなたの不倫体質チェックテスト

恋愛・結婚

桃味
こんにちは!ハンドクリーム桃味です。

あなたは今、幸せな恋愛をしていますか?

会社の同僚や友達に、何度も不倫を繰り返している人はいませんか?

今回は不倫への陥りやすさをチェックテストにしてみました。

あなたの不倫ハマリ度をチェック!

□サービス業である
□お父さんと仲が悪い・父親と死別または両親が離婚して母方と暮らしていた
□自分の長所を10個、思いつかない
□いい男には既に彼女や奥さんがいる
□彼がデートに遅れても、待つのは苦にならない
□飲み会などで注文係やとりわけ係になりがち
□自分の誕生日より彼の誕生日を祝いたい
□イベントのお祝いは、日付が多少ズレても気にならない
□『好き』の気持ちがあればそれでいい
□セックス中、彼に色々してもらうと申し訳なくなる

いかがでしたか?

10項目中、5項目以上当てはまる方は不倫体質に傾いていますのでご注意下さい!

では各項目を解説していきます。

1.サービス業である

サービス業や接客業ができる女性は、サービス精神が旺盛。

そして、そういった女性はサービス精神が旺盛な男性と出会い、そして惹かれ合うことが多いです。

サービス精神が旺盛な男性は器用です。不倫も器用にそつなくこなします。

2.父親と仲が悪いまたは、父親と死別・両親が離婚して母方と暮らしていた

父方の愛情不足や、父親への憧れから『誰かの父親である男』を好きになることがあります。

この人なら自分を大切にしてくれるかもしれないという期待を『愛情』と混同しがち。

ウマーン
うう・・・切ない!!

3.自分の長所を10個、思いつかない

自分を大切にできない、自分を認めていない典型です。

こういう人は自分が幸せのみ感じる関係に恐怖すらおぼえ、幸せばかりの恋愛からすぐ逃げ出して、難のある恋愛ばかり選びます。

そのくらいが自分にはちょうど良いとさえ思ったりします。

4.いい男には既に彼女や奥さんがいる

それは本当です。当たり前です。目の付け所はみんな一緒です。

でもたいてい、そういう男は彼女や奥さんがいるんですよね・・・。

5.彼がデートに遅れても、待つのは苦にならない

待たせても大丈夫な女だと思わせてはいけません。都合の良い女まっしぐらです。

6.飲み会などで注文係やとりわけ係になりがち

周囲に細やかな配慮ができる女性は、不倫男の餌食になりがちです。

賢く、立ち回りの上手な女性はスタイリッシュ不倫男にご注意下さい。狙われます。

ウマーン
スタイリッシュ不倫オトコだ・・・と???

7.自分の誕生日より彼の誕生日を祝いたい

普通の女性なら、自分の誕生日を大事にしてくれない男なんて考えられません。

『君の誕生日は一緒にいられないけど、次の金曜夜なら・・・』

そんなことを言われても嬉しいと思いますか?

8.イベントのお祝いは、日付が多少ズレても気にならない

家族でのクリスマスパーティーは12/23~12/25が多いです。

それ以後の26日や27日に不倫相手とお祝いするのは、ただヤリたいだけの『性なる夜』です。

ウマーン
うまいこと言っ・・・いやいや!

9.『好き』の気持ちがあればそれでいい、『好き』なんだからしょうがない

幸せになる為には、好きだけでは乗り越えられない問題がたくさんあります。

その問題解決を放棄して

『好きだけでいいの』『好きだからしょうがない』

と言ってしまう心理の裏には、

『私にはそれだけで充分。それ以上を求めるのは罪になる!』

という恐れが隠れていることもあります。

ウマーン
そんなことないよー!自分を大切にして!!( ゚д゚)

10.セックス中、彼に色々してもらうと申し訳なくなる

『私ばかりしてもらって申し訳ない』なんて絶対思わないで下さい。

男はそういう生き物です。反応を楽しむために色々してあげたいんです。

楽しみを奪うようなセックスは、男は望んでいません。

桃味
ギブアンドテイクです。

「苦しくても幸せ・・・」そこにあるのは依存の関係かも

不倫に走る女性の根底にあるのは、『自分を愛してあげられない』という気持ち。

『自分なんてどうでもいい』
『自分を甘やかすことが苦手』
『自分を認めてあげられない』

そういう
『自己肯定』が低い人=自分を大事にできない人は、心の奥底で自分が幸せになることに『違和感』や『拒絶反応』を示します。

そうすると、幸せだけの関係では物足りなくなり、同時に苦しみも求めるようになります。

桃味
苦しいなかでも『でも幸せ』。そんな関係に依存します。

苦しみとワンセットの幸せ

こうなると、そういう苦しみと同時に幸せをくれる人なら誰でも良くなってきます。

別れる時もとてもドラマチックに終えることができます。別れることさえドラマのワンシーンのように、そしてまた次の不倫に進み苦しみを求めます。

不倫を繰り返すのは依存症。病気です。

そして、そのことを周囲がいくら諭しても本人には聞こえません。気づいて抜け出すのも本人次第。

あなたは、大丈夫ですか?

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。
桃味ブログ→悩ましい!迷えるラム子さんの悩み相談室