褒めるって難しい!?ビジネスや恋愛でも役に立つ、他人の褒め方 恋愛編2

恋愛・結婚


こちらは褒めるって難しい!?ビジネスや恋愛でも役に立つ、他人の褒め方 恋愛編1の続きになります。

意思表示は恋愛成就への近道

ビジネス上の褒めとは違い、大いに勘違いさせて構いませんので『好き』とか『素敵』という言葉をどんどん用いて、『自分はあなたに好意を抱いている』という意思表示をどんどんしていきましょう。

照れている場合ではありません!言わなければ伝わらないのです。

女性の場合は、男性が照れるようなことをサラッと言えるのが恋愛成就への近道です。(ただし、理由のない『スキスキ』攻撃は嫌われますのでやめましょう)

褒める際は周りの女子を敵に回すな!

何度も言いますが、女子を敵に回してはいけません。かといって他の女子に後れをとるのもいけません。
一番いいのは、横一線からのぶっちぎりゴールなのですが、そうする為には他の女子と同じ毛色では上手くいきません。

そこで、ターゲットをこっそり褒める、独特な褒め方をする、そして次に挙げる『悩みやコンプレックスを聞き出したら、昇華してプラスの意識を持たせてあげる』というのがとても効いてきます。

プラスの意識を持たせてあげるなんて、少し難しく考えがちですが、これは

『短所を長所に言い換える』
『悪く言えば○○だけど、良く言えば○○』
『打消しや否定形の言葉を肯定形に言い直す』
『悪印象を好印象の部類に置き換える』
『持論で褒める』

ということです。

これらはビジネスにも恋愛にも使えますので、まとめとして、下記にその例を挙げておきます。

・人見知り→礼儀正しくて思慮深く、好印象を与える
・気遣いができない→フレンドリー、自分に正直
・会話が続かない→適度に余裕をもって会話できる
・好き嫌いが激しい→自分に正直、自分を持ってる
・他人にいい顔をしてしまう→優しい。周りの人まで大切にしている人
・気が短い→時間を大事に日々生活している
・空気が読めない→空気なんて読むものじゃないし、空気だけじゃわからない
・女の子に冷たい→女の子誰にでも優しい男のほうが信用できないかも
・優柔不断→優しい
・自分勝手→ちゃんと自分で決断ができる、自分に正直、自分を持ってる
・集中すると周囲が見えなくなる→集中力が持続して途切れないのは素晴らしい才能
・飽きっぽい→それだけ興味を惹かれることが多いということ。好奇心が旺盛
・楽天家→ポジティブ。
・融通が利かない→芯がしっかりしている
・頑固→芯がしっかりしている、自分を持ってる

何度か上がっている、『自分に正直』、『優しい』、『芯がしっかりしている』、『自分を持ってる』という褒め言葉は幅広く使えるのでオススメです。

ただし、今までも誰かに言われている可能性もありますので、少しひねった褒め言葉も瞬時に浮かぶように、日々、ネガティブ語をポジティブ語に言い換える訓練をしておくと、イザと言う時に役立つと思います。

褒めるということ、そんなに難しくも恥ずかしくもないことだと思います。人間関係をスムーズにするなら、大いに褒めあうことをお勧めします。

【筆者情報】
ハンドクリーム桃味

アラフォー世代。旧ダメ男製造機。過去のダメ男達との出会いや付き合いで培った『教訓』を生かし、30歳という節目に今までには出会えなかった『ダメ男ではない、一般男性』と運命的な出会いを果たし、崖っぷちながらも結婚・出産し現在に至る。お悩み相談募集中です→悩ましい!悩めるラム子さん!悩みは悩むから悩み。悩まなければ悩みにならない。